返済中なのに融資を受けると一体どうなる?

キャッシングベスト3

もし今借りるとどうなる?返済中なのにまた融資を受けた場合の結末

返済中でもすぐに融資を諦めなくて良い

住宅ローンを組んで返していると、途中でお金に困る事はありませんか?住宅ローンは家賃に見立てて払えば問題ない…という人も居ますが、家を所持すると払うのはローンだけではありません。家を所有していると税金も発生しますので、ただ単にローンを払っていればいつかは終わるというものではありません。完済後でも税金や補修費用がありますし、持ち家を所有するという事は予想外に大変な事なのです。

でもローンを組んでいるならこれ以上お金を借りられない…と諦める前に、金融業者に相談してみましょう。さすがに大きな金額を借りるのは難しくても、融資を受けるだけなら十分可能性はあります。何らかの返済があっても貸してくれるかどうかは金融業者次第なので、まずは聞いてみるのが大事というわけですね。

カードローンなら便利に借りる事も出来る

特に住宅ローンを組む前にカードローンを所持していたのなら、悩む必要はありません。カードローンは一度作ればいつでもお金を借りられますので、家の税金を払って今月はちょっと生活費が足りないかも…なんて事になっても、今から慌てる事はありません。カードローン一枚でどっしりと構えることが出来るのです。

しかし、何らかの返済があるときに融資を受けるというのは、やはり推奨できる事とは言えません。自分が今どんな状態なのか分かっている人なら言われるまでも無いかもしれませんが、もしもイマイチ何が原因で注意を促されているか分からないのなら、利用前に一読してもらう事をおすすめします。

返済中の返済能力というのを意識しよう

融資の審査において重要視されるのは、返済能力です。返済能力というのは年収や仕事から決定され、その能力に応じて融資の際の条件が決定されるのですが、それは金融業者だけでは無く、自分自身でも把握しておく事が大事です。そして返済がすでにある状態というのは、どうなっていると思いますか?

そう、何も返済が無い時に比べて支払いがある場合、返済能力は下がっています。すでに返済に収入を割り振っているのですから、他に何か出費があったとしても割ける金額というのは当然下がってしまうでしょう。そんな時に無事に審査が通ったとしても、お金を借りて返済が増えると返していくのは一苦労です。

あくまで金融業者というのは数値などによる判断であり、こちらの経済状況を全て把握しているわけではありません。それなのに借りれるからとさらにお金を借りてしまった場合、大変になるのは目に見えているわけです。

可能なら返済が終わってから融資を受ける

大きめのローンなら難しくとも、ちょっとした融資をすでに受けている場合、先にそれが終えてからでも良いかを考えて融資を受けてみましょう。返済能力を元に戻してからまた融資を受けるのなら、自分自身でも返済管理というのはとっても楽なのです。

返済は増やしすぎず、金額も件数も出来るだけ絞られた状態にする。これを心に刻んでおき、出来るだけ余裕のある状態を保ち続けてみましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 即日融資の審査が早いキャッシングローン業者一覧!【借りドキ】 All Rights Reserved.